いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お大師様のお導き


1日の日曜日、近くのホテルで四国八十八ケ所のお砂踏みがありました

母が行きたいと言うので、お砂踏み初体験して来ました

父と母は、二十巡ほどお四国参りをしていますが、私も数回お供した事があります
分からないながらも、皆についてお参りしていると、不思議と心が落ち着いてきます
この日も、お砂踏み終わった後は、体がすっ~と軽くなった気がしました

入る前に、木の枝の様な物を口に含んで下さいと、ひとつ頂きました
それから塗香を少し、手のひらに頂き、こすり合わせて広げます
これで体の中と外が、清められたそうです
壁添いに一番から順番にお参りして行きます
途中和尚さんがいて、お祓い?をしてもらいます
その時、五鈷杵(写真撮るの忘れました)で痛い所を撫でると、痛みが取れるそうです

八十八ケ所を進みながら、家族の幸せと入院している伯父さんの無事を祈ってました

母のお母さん、私のおばあちゃんは亡くなる少し前から、どんどん仏様の様になっていったそうです
何をしても手を合わせて、ありがとうございます
そのうち、お大師様がそこに来ておられると言い出したそうです

そして何時々お大師様が、迎えに来られると言って、本当にその日、あの世に行ってしまいました
不思議だけど、おばあちゃんの代から、お大師様と繋がっているのかもしれないですね

実は…
いそべ食堂は今週3日間お休みしたのですが、伯父のお葬式でした

兄弟が多かった伯父ですが、一番近くにいた母や私を可愛がってくれました
免許証を返納してからは、電動自転車で野菜やお土産を持ってきてくれました

春まで元気に来て、未来を抱っこして、お喋りして大好きなコーヒーを飲んで帰ってたのに…
なんだか今でも、自転車でやって来そうな気がします

入院中、お見舞いに行く度に、寝ている事が多くなりました
それでも母と私が行った時は、いつも目を覚ましてくれた伯父でした
お砂踏みに行った日も、お見舞いに行ったのですが、看護師さんが、もう最近は目を開ける事が、ほとんどなくて、声出す事も無いですねと言われました
今片目開いてるから、声かけてあげて下さい
母が兄さん分かる?と言いました

あ~とも、う~とも分からない声を出して、頷きました
あ!分かるんだよ!と二人で喜びました

今度は私が、おっちゃん⚪︎⚪︎⚪︎が来たよ!
すると、来たかと言いました
そして私の方へ手を差し出して来ました

分かるんやね
元気になろうね!と手を握りかえしました
母と私の顔を交代で見て、しばらくするとまた眠ってしまったのでした

看護師さんが、びっくりして良かったですね!と一緒に喜んでくれました

最後に挨拶してくれたんだね…
ありがとう
天国で安らかに眠って下さい…



| ときどき日記 | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
私も、父方も母方も随分と寂しくなってしまって、思い起こすと、なんて可愛がってくれたんだろうと懐かしく有難く思う時があります。

血のつながりはないけれど、近所に住んでた老御夫妻が随分と私を可愛がって下さって、ご近所さんに本物の孫だと勘違いされるくらいだったのですけど、いつもお大師様を大切にされていました。
いそべえさんの記事を読みながら、こういうことを思い出すのも何かのご縁だと思いました。

| おわれい♪ | 2013/12/14 21:03 | URL |

おわれい♪さん

コメントありがとう(*^^*)
おわれい♪さんも、ほんと大切にされたんだろうなと、記事を読んで感じました
ありがたい事ですよね
私もおじいちゃん、おばあちゃん大好きだし、血縁関係なくても可愛がって貰えます
縁…大切にしなくちゃね

| いそべえ | 2013/12/17 15:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/965-0441ce9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT