いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宇和島の木屋旅館

20130224木屋旅館6
今日は、春のようにあったかでした
お散歩の途中、向こうの方に見えたのは、モクレンだったように思うのですが、春はもうそこまでかな…

さて、前回紹介した、とことこがある木屋旅館です

1911年創業で、去年リニューアルされました
外観は、時代劇に出てきそうな旅籠って風情ですが、中に入ってビックリ!!

なんと天井がアクリル板になってて、スケスケです
!!(゜ロ゜ノ)ノ
スカートの人は、歩けないね(笑)

高所恐怖症の友達は、怖がってアクリル板の上にはあがらなかったですが、普通の畳のお部屋もあるから、友達みたいに嫌な方は、大丈夫ですよ

この旅館は、一日一組の一棟貸し、朝食は用意出来るそうですが、夕食は無いので街に繰り出すか、ケータリングして、滞在を楽しむって感じです

ポーランド生まれのグレブさんが案内してくれたのですが、ほりの深いお顔からくり出される流暢な日本語と、古い和の空間のギャップが、なんとも面白かったです

案内して頂いた中で、私が気に入ったのは、司馬遼太郎が滞在して執筆したお部屋

窓を開けると、中庭が見え、小じんまりして、太陽の光が満ち溢れ、とても落ち着く空間でした
美味しいコーヒー飲みながら、読書でもしたいな♪

昼間しか見てないので、お伝え出来ませんが…
夜はLEDライトの素敵な照明と、スクリーンが四方から下りるようになってて、部屋まるごと行燈の様な感じになるそうです
一回泊まってみたいなぁ…

木屋旅館のホームページはこちら(日本語か英語をクリックして下さい)

20130224木屋旅館3
20130224木屋旅館4
20130224木屋旅館5
20130224木屋旅館8

| ときどき日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/868-0bcccb89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT