いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛南町秋祭り番外

moblog_f1e48b49.jpg

moblog_5701f97e.jpg


3日の秋祭り、お役目も終わり怪我人もなく無事済んだのですが、愛南町には夜にもお祭りがある所があります

カツオの水揚げが四国一の深浦地区

ここに行くには、軽自動車が二台通れるかどうか?くらいの、狭いトンネルを通るか、ぐるっと大回りして行かないといけません
毎年見たいなぁ…と思いながら、運転ヘタッピの私は事故したら困るしと止めてました

今年は友達が見に行くなら、乗せてあげるよと言うので
行く~!と言う事になりました

7時過ぎに着いたら、深浦の友達の家の前で、お神輿さんがお練りをしてます

ヨイショ!ヨイショ!と、お神輿さんを、ひっくり返してます
(上下ではなく、四方に)
何してるの?と、びっくりして聞いたら、これがお練りよって…

なんで?って聞いたけど…
知らない、昔からだって

こうしてずっと回してるから、まだまだ長いよ!家でお茶でも飲む?って事で、友達の家にお邪魔しました

お母さんの隣には、何故か宮司の格好をした方が!?

なんで??( ・◇・)?
この祭りの神社は、蘇家(そが)神社で、普段は神主さんがいません
まつりごとをする時に、高知県の大月からいらっしゃるそうで…

なんでも友達の家は、昔は旅館をしていて、宵宮から神主さんが、友達の家に泊まられるそうです

お話好きな方で、色々とお話しました
なぁ~んか見た事あるお顔だなぁ…と、お互い思っていたようで

私が城辺の諏訪神社のお向かいの、いそべ食堂だと分かると

『あ~!それで分かった!諏訪神社さんが帰って来るまで車で待ってたんだけど、暇やからキョロキョロしてたんですよ、二階の窓拭いてる人がいるなあと思ったら、今度はお店の前を掃除してると思ってた』って

後で思い出したのですが…
多分、何か用事かと声をかけた気がするんですよ…
もう戻られると思うので待ってますと言われたような…
それで、二人ともなんか見た事あるなぁだったんですね

私が深浦のお祭り初めてと分かると
『是非とも、上に上がりなさい
石段は182段と3段あるけど、素晴らしい体験が出来るよ』と言われました

『気のパワーを貰うんですよ』

さっぱり分かりませんが、私が上がるなら友達も行くと言うので、ブーツもそんなに高いヒールじゃないし上がろうかになりました

熱々のカニ入りお味噌汁を頂いて

ぼちぼち神社前に揃う頃だと言うので、見に行きました

さっきいた場所から、まだあまり進んでない!
やっぱり回してます
どんだけ回すねん!って思っていたら、牛鬼が進んだので、お神輿さんも進みだしました
榊?を持った方が、一人付いてて、掛け声をかけたりする役目の様ですが、置いていかれて、俺置いていくなよ~!って叫んでました(笑)
多分つゆはらい的な役目なんでしょうね

moblog_e846136c.jpg


moblog_408f7a5b.jpg

moblog_5f56e4da.jpg

moblog_7e59b6b7.jpg


蘇家神社は急で長い石段があり、下りた所が道路で少し広い場所があって海に続いてます
ここで、やぐらや牛鬼がせめぎあったり、お神輿さんはずっと回してます
諏訪神社の練りと違って、深浦の練りはかなり激しいです

やぐらも牛鬼も基礎枠はなんと鉄!
牛鬼のお尻に板を貼り、思い切り走りながらぶつけ合い
板が壊れるまで、ぶつけるそうです

聞いて無かったので、最初の衝撃の時は思わず、キャーと言ってしまいました

す、凄すぎる…
!Σ(×_×;)!

鳥居の前には、小さい牛鬼がいて、お神輿さんの宮入りを邪魔してます

宵宮でいそべ食堂に回ってきた、蓮乗寺の唐獅子も舞いを披露してました
後ろ姿ってあまり見たことなかったけど、お尻と足が未来みたいで可愛い(笑)
足袋が白と黒なのは、どうしてなのかなぁ?
舞いの後、拍手があり、何故かアンコールの手拍子に
アンコールなんて初めてだそうですが、応えて2回目の舞いをしました

moblog_9cf01fd0.jpg


お神輿さんは黒神輿と白神輿(屋根が金色)があり、神様は黒神輿に乗ってらっしゃるそうです
お神輿さんを宮入させまいと、みんな邪魔しますが、隙をついて駆け足で上がって行きました

私達も185段の急な石段を上りました
途中、一度下を見てみたら…

ひぇ~!これよう下りるんやろか?
手摺もありません…
なんとかなるだろうと、上まで上がると、お神輿さんの鳳凰や提灯を外してました
この提灯、あれだけ激しくお練りをしても、灯りが消えないそうです
不思議ですよね

先に黒神輿、白神輿が本殿に入ると、石段を上がったみんな本殿に入ります

神輿の担ぎ手が片手を上げて、『ハーラエッサ』と『エイヤエイヤ』の掛け声をかけて、皆が跳ねるのを鼓舞します

狭い本殿にお神輿さんが2つ、身動き出来ない状態で、掛け声に合わせて跳びます
石段を上がったばかりでもあるので、ダウンコートが必要なほど寒かったのですが、額に汗をかくほどの熱気でした

最初写真を撮ろうかと思ったのですが、多分顔ばかりになるのと、私の向きがちょうど神様の神殿なので、失礼にあたると思い撮りませんでした

何分間続いたのでしょうか?
10分以上は過ぎてると思います
段々、空気も薄いし暑いし、ちょっとしたトランス状態
途中から全員大きな声で、『ハーラーエッサ』と『エイヤエイヤ』と叫びながら跳ねてました

気のパワー…
なるほどこれなんですね!
最後の方は、パワーが大きなうねりになって、渦巻いているように感じました

甲子園で応援してる時、(いつもではないですが) 地響きの様なパワーを感じる事がありますが、それに似てるかも
甲子園は四万人ほどですが、この人数でこの気はすごいです

黒神輿の御霊が、神殿に移されると、跳ねるのが終わります
あ、これで終わりだなと何故か分かったのも、神様が向こうに戻られたからだと思います

ちょっと不思議体験したい方

諏訪神社のお祭りを見てから、食事してからでも十分間に合います

あの急な石段は大変ですが、一度お試しあれ♪

( ̄∇ ̄*)ゞ

moblog_fc5b0cf4.jpg

moblog_3e3147ae.jpg

moblog_704f63af.jpg

moblog_3d325007.jpg

| ときどき日記 | 22:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

こんばんは。
うわ~。あの階段登ったんですか~。((((;゚Д゚))))
毎年登りたいな~って思いながら断念しています。
子供の頃に一度神輿について登ったことがありますが
本当にすごい光景ですよね。
確かに気のパワー貰えそうですよね。
来年は私も登ってみたいな。(^^♪

| デヴィmonaka | 2012/11/07 23:47 | URL |

秋祭り番外

蘓家神社の石段は上から見ると怖いですね。

伯父の家が近くだつたので子供のころときどき

遊んだ記憶があります。

それにしても随分文章が上手いですね何時も

感心しながら見さしてもらつています。

| 氏家 | 2012/11/08 06:54 | URL |

デヴィmonaka さん、コメントありがとう

子供の頃、お宮さんに上がられたんですか
今年も何人か子供いたけど、大人に挟まれて苦しかったんではないかと思います
来年は是非是非、体験して下さいね!

| いそべえ | 2012/11/10 21:41 | URL |

氏家さん、コメントありがとうございます

お祭りの日も、何人か子供は駆け上がってましたよ
大人になってからの方が、恐いかもですね
本当に恐かったです(>_<)

文章は全然上手くないですよ
だらだらとりとめも無く書いております…
お恥ずかしいです

| いそべえ | 2012/11/10 21:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/811-7cb27e57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。