いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊達政宗見参!

moblog_0225a266.jpg

お彼岸になると必ず咲く彼岸花

その年によって気温も天候も違うのに、不思議です…
今年も綺麗に咲き始めました


さて、昨日は(あ、もう一昨日ですね)お店はお休みで、母の用事で宇和島へ行ってきました
母を下ろしてから、伊達博物館へ直行!


10月8日まで、はるばる仙台から伊達政宗が、やって来てるのです

瑞巌寺蔵の伊達政宗甲冑倚像(等身大の鎧姿の政宗)や、仙台博物館蔵の、政宗が使った黒漆五枚胴具足(ダースベーダーのモデルになった鎧です)など、今まで仙台から出た事がない沢山の文化財を、見る事が出来ます

普段、甲冑などは正面しか見られませんが、今回は裏からも見る事が出来て、面白かったです
中でも、興味深かったのは、九曜紋を型どった金製のブローチ

あの時代にブローチを付けていたなんて、伊達者ぶりが、うかがわれますよね

朝早かったので、来館者は少なく、ゆっくりと見学出来ました
3階に上がって、順番通り見て行くと、ふわっとお香の良い香りがしました
お香でも好きな香りだなぁ…と思ったら、芝舟と言う香木が飾られてました

あ~!この香りだったんだ
うん!?ガラスケースの中!
焚いてもないし匂わないよね?
私は鼻が良いのですが、それにしてもガラスケースの中…
ちょっと不思議なのですが、友達に話すと、未来並みの鼻や!と笑われました
( 一一)

一度だけ香道を経験した事があるのですが、その時に一木四銘のお話を聞いた事があります
とても良い伽羅が長崎に入り、細川三斉(細川ガラシャの夫)と伊達政宗の家臣が買い付けに行って、本木は細川が末木は伊達が買い政宗は、芝舟と銘を付けたのでした
政宗の家臣は、本木を手に入れなかった事を悔い、切腹したとか諸説がありますし、細川の方も仲間割れして刃傷沙汰になったとか…
後の銘は、初音、白菊、藤袴だったと思います

たかが香の為に、人の命まで亡くなる…
そこまでさせる香りがこの芝舟にはあるのでしょうかね…

伊達政宗や息子の秀宗が楽しんだであろう、芝舟の香り

時を隔てて、ちょっぴり感じる事が出来たのかな?

| ときどき日記 | 00:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

彼岸花って本当に不思議ですよね。
毎年花が咲くたび思います。

ガラスケースの中の
香木の匂いまでわかるなんて
いそべえさんの鼻って
本当にすごいですね。


| デヴィmonaka | 2012/09/22 17:59 | URL |

こんばんわん

彼岸花、見事ですね。

近所に必ず彼岸花が咲く場所があったのですけど、いつの頃からかパタリと咲かなくなりました。

良いお香の匂いは好きです。
でも、いそべえさんほど鼻はよくないな~
香道は難しいんだろうなと思ってました。
嗅覚だけの問題じゃないですよね。

| おわれい♪ | 2012/09/24 00:04 | URL |

デヴィmonaka さん、コメントありがとう

お彼岸までは、全然無いのに、急に出てきますもんね
ほんと不思議です

芝舟は、いつもは入り口付近なので、風があって分からなかったのかもしれません
3階の朝だったから、空気が動いてなかったのかも…

クンクン

| いそべえ | 2012/09/30 00:32 | URL |

おわれい♪ さん、コメントありがとう

毎年ここは、あぜ道にずらっ~と咲いてます
今年は少し早かったので、満開ではなかったですが、満開の時は見事ですよ!

ご近所の必ず彼岸花が咲く場所
なんででしょうね…残念ですね

茶道でも香は使いますが、香道はまた全然違いますね
奥が深いと思います

| いそべえ | 2012/09/30 00:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/791-75fa35e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT