いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

臥竜山荘

moblog_f2ec4b85.jpg
台風17号が接近中ですが…

9月16日台風接近中の日曜日にお出かけしました

夏前から、友達のひとりが、ブドウ狩りに行こう!と言ってたのですが、中々皆の都合が合わず、結局私が違う仲間に誘われて、お先に行ってきました
で、待ちに待ったブドウ狩りのはずだったのですが…

台風が~!(´д`|||)

皆に
台風やしブドウ狩りは諦めて映画にしますか?
それか先に延ばして、梨狩りって手もあるよとメールしました

皆の返事は、うん、ええよ~!とか、バイオハザードなら興味ある、梨狩りもええね!

。。。。。

台風やし次にしようかってヤツはおらんのかい!
ほんまおバカばっかりや~!って、行きの車の中で、大笑いでした

台風が近づいているので、当然雨だと覚悟して出掛けたのですが、朝は快晴でした
車中少し降ったものの傘は、いらずで良かったです


映画は、皆で観るなら、アベンジャーズかなと思ったのですが、時間的に合わず、バイオハザードⅤリトリビューションにしました

3Dで観たのが初めてだったので、3Dメガネと延々と続くアンデッドに疲れました…
ストリー無さ過ぎだけど、ミラジョヴォビッチはやっぱりカッコいい!
彼女のプロモーションビデオみたいでした
戦う女は美しいって感じのキャッチコピーが、浮かびました


大洲でお昼ご飯を食べるには、少し早いので、前から気になっていた臥竜山荘に行かない?と聞くと、皆賛成!
『遊び心』の記事のバッタは、臥竜山荘の入口近くで、おじさんが作ってました

臥竜山荘は、
大洲肱川流域随一の景勝地“臥龍淵”に臨む三千坪の山荘です

臥龍院・不老庵・知止庵の3つの建物があり、桂離宮の様式を取り入れていたり、数寄屋造りだったりと、わびさびの精神が生かされています

借景庭園は素晴らしく、お庭を眺めていると時間を忘れるほどです
紅葉の頃、また素晴らしいだろうなと思います
「臥龍山荘」という名の由来は、大洲藩3代藩主加藤泰恒が「蓬莢山が龍の臥す姿に似ている」ことから”臥龍”と命名したといわれています

清流肱川河畔でも優れたこの景勝の地に初めて庭園を造ったのは、文禄の昔、藤堂高虎の重臣、渡辺勘兵衛で

現在の臥龍院、不老庵、知止庵の数奇屋造りの三建造物は、明治の貿易商河内寅次郎氏が十年かけて築いたものだそうです

受付のお姉さん、お金の徴収だけかと思ったら、色々説明してくれました
途中他のお客さんも、ちゃんと仕切って、最後に写真も撮ってくれました

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」が一つ星を獲得した場所でもあるので、是非足を運んで、お姉さんの説明を受けて下さいね

肱川を見下ろせる、不老庵ではお抹茶が頂けたのですが、他の見学の方が多かったので、早々に後にしました
また普段の日に、ゆっくり訪れたいなと思いました…
moblog_63beb3d8.jpg 
moblog_6d1f1403.jpg

| ときどき日記 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/787-867da823

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。