いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒマラヤの青いケシ

20170618ケシ1
先週の16日だったか、愛媛新聞に東温市の上林森林公園内の風穴に、ヒマラヤの青いケシが咲き始めたと載っていました
毎年、見たいなぁと思っていたのですが、18日の日曜日ちょうど晴れ、今年は登山もあまり出来てないので、青いケシを見て、皿ヶ嶺に登る事にしました

麓に入った頃、Googleマップで何重にも重なった棚田がありました、勾配がもう少しあると写るんだけど…
寒い所だし水も山の水が出てくるだろうから、お米は美味しいでしょうね

駐車場に着くと、もうたくさんの車が停まってます
登山の準備をしてから、会いたかったヒマラヤのケシのある風穴に向かいました

看板に書いてあるのを要約すると
風穴(かざあな)とは(ふうけつじゃないんだ~)
地下の空間に雨水等が浸透し、冬の冷たい外気が流れ込んだ地下水が冷風のもととなり、岩の隙間から冷たい風となって出てくる事の様です
石堀になっているここは、蚕の時期をずらす貯蔵穴として使っていたそうです
今は、この冷気を利用して、原産地が5千メートルのヒマラヤ山脈やチベットに咲く、ヒマラヤの青いケシ(メコノプシス・ベトニキフォリア)を栽培しています

風穴に近づくと、ひんやりしてきました
柵の向こうに二輪と、下に二輪
下には、いっぱい蕾が見えます、これから次々咲くんでしょうね
上側の二輪は、カメラやスマホを持った人で見えません
しばらく待って、近くで見る事が出来ました

おぉ~!でっかい!
思ってた普通のケシ(ポピー)より、だいぶ大きいです
色は綺麗なヒマラヤンブルー、神秘的で一瞬で目に焼き付きました

陽の光の強さと、見る角度によって、表情が変わります
(色が違う写真を二枚載せてみました)

すぅ~っとパワーが感じられたのが、一番最初の写真
はっとして、ファインダーから視線を外して、お花を見つめました

遠い異国を感じさせる不思議な花、帰り道にもう一度見てみようと寄ってみたら、しぼんでました



20170618皿ケ嶺

20170618ケシ2

20170618ケシ3

20170618ケシ4

20170618ケシ5

20170618ケシ6

20170618ケシ7

| | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/1340-79c5f832

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT