いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石見寺山ハイキングのはずが…

20151004ブログ5
アップするの忘れてました(^^;;
10月の登山部活動は、副隊長が不参加の為、近くの四万十市にある石見寺山に登る事にしました

石見寺山は、ミニ88ヶ所の石仏を巡る2時間ほどのハイキングコース
子供でも登れると書いてあったし、余裕だと思っていたら、中々どうしてハードでした

まず石見寺の駐車場に行く為だけの信号が、青になったので通ります
離合する所が無いので、片側通行の為の信号でした
後何分とかも出て、親切ですね
駐車場に車を停めさせて頂いて、参拝をしてから準備運動
この時、小銭を用意するのを忘れてたんですよね、隊長が持ってると言うので、皆それでお賽銭に…
人にお賽銭借りたらダメと聞いてたのだけど…

お寺を過ぎると、すぐお墓の間を通ります(^^;;
登山道は、所々88ヶ所の石仏が有り、手を合わせながら進みました
本物のお四国通りで、40番は観自在寺でした

木のトンネルみたいになっているので、景色は見えませんが、直射日光が当たらなくて良かったかも

珍しい木には、ネームプレートが付けてあります
ナマズの仲間のゴンズイは、肉がまずく毒も有り、ゴンズイと同じ位使い道が無いのでゴンズイと言う名前が付けられたそうです
なんだかかわいそう(^^;;

ふぅふう言いながら、着いたぞ〜!の声の方を見ると、青空が広がってました

頂上には、展望台もあって、良い感じ♪
四万十川や海も見えます
展望台の上で、お昼ご飯の予定でしたが、あまりにもお天気が良すぎて暑いので、展望台の下でお昼タイム
山で食べると、何でも美味しいのよね(^O^)

記念撮影をしたり、面白写真を撮ったりしてから、先に進みました
しばらく下りた所に、古い看板が有りましたが、勘違いして真っ直ぐ進みます

かなり長い間歩いたけど、次の番の石仏がありません
iPhoneで起動させてた、YAMAPアプリで、ここはどこ?と軌道地図を見てみると、どう見ても間違えてるよね
どこからか右へ下りたら良いのは分かりますが、道無き道は初心者には怖いので、引き返す事にしました
まさかの里山で遭難するところだった(^^;;
看板まで戻った所で、やれやれとミカンを食べていたらご夫婦が下りてきました

真っ直ぐ行こうとするので、教えてあげたら、これは分かりにくい!言わんといけんが!
教えて貰わなかったら、新聞にでも遭難の記事載って、あの時の夫婦やと言われたかもしれないだって(^^;;
地図も持たず、スマホアプリも無さそうでした
私達がミカンを食べずに下りていたら、きっと真っ直ぐ行ってましたよね
何分かの差で良かったです
これもご縁というものでしょう

それからかなり急坂を下ります
ハイキングコースの看板が見えましたけど、これ登山でしょ!と、ツッコミ入れたくなります
急勾配はロープもあるので、ロープを持ってそろりそろり
後にご夫婦も続きます
安吾の滝と言う、裏見の滝があるので、寄り道しませんか?と滝への道を進むと、思っていたよりまあまぁの滝が現れました
雨が降って無かったから、水が無いかもと思ってたんですよね

一応、裏側から滝を見る事が出来ました
いつも記念撮影は、タイマーで撮るのですが
ここは走れないし(足場が悪いので走ってたら、滝壺に落ちます)旦那さんにシャッターをお願いして
記念撮影をしました

途中、川を2、3回渡るのですが、雨が降ってなくて良かったです
水が多かったら、よう渡らなかったかも…
安吾の滝の下にある、石鎚神社は小さな神社でした
手を合わせてから、民家のある場所まで下りてきました

石見寺までに、1番から8番までの石仏があるので探しながら歩いていると、こっちが歩く時は近道と旦那さんに教えて貰いました
石見寺は何度か来ておられるそうです
もうクタクタだったので、大助かり
ご夫婦に会わなかったら、この道も教えて貰えなかったし、これもご縁だねと話しながら歩きました

さて、温泉はどこ行こうと車を出発させたら、あらま大きな木があって通れません

これ、相当時間かかるんじゃないの?と思っていたら
流石プロですね
ここを切ったら良いと左の男性が決めて、チェーンソーで切ると、ほんとだ一発で通れました

遭難しそうになったのは、石見寺でお賽銭借りたからかも(^^;;
これが深い山ではなくて良かったです、里山といえどもなめてはいけませんね
これから登山する時は、気を引き締めて、分岐点は皆で相談してから進もうと反省したのでした

子供の時に良くスカートにくっついた、ひっつき虫も久しぶりにくっついて
有名な山じゃなくても、里山も楽しかったです♪

fc2blog_2015110912375899c.jpg
g
20151004ブログ1

20151004ブログ2

20151004ブログ3
20151004ブログ4

20151004ブログ8

20151004ブログ6

20151004ブログ7

20151004ブログ9

20151004ブログ10

20151004ブログ11

20151004ブログ12

20151004ブログ13

20151004ブログ14

20151004ブログ15

20151004ブログ16

20151004ブログ17

20151004ブログ19

| 登山部 | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/1171-0918a390

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT