いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三本杭(大久保山・八面山)

20150308登山1
三月になったので、山岳部も活動しようと8日(日)に、奥千畳からのアタックを諦めた三本杭に、違うルートから登ってきました

3月は雨ばかり、この日の前日もその前もザーザー降って、9日からまた雨
ちょっと晴れたのが不思議なくらいの、奇跡の登山日和でした
最初は霧が出て、雲海が綺麗でした

三本杭は標高が、1225.72mあります
でも大丈夫、林道があってかなり上の方まで行けるみたいです
くねくね落石も多い林道を30分ほど走った頃、登山口のひとつ、鹿のコルに到着しました
(コルとは… 鞍部。鞍とは馬の鞍(くら)。尾根上のピーク(小さくても大きくても頂のこと)とピークの間のへこんだところ。峠もコルの一つ)
トイレはここしか無いので、ここで済ませてと思っていたら、トイレが見つからず、じゃここは鹿のコルじゃないのかな?と先に進みました
あらら!登ろうと思っていた、猪のコルに着いてしまったよ
じゃあ、あれが鹿のコルだったんだね…
登山は往復で最低4時間はかかります
私と女友達は心配なので、引き返して貰いました(^_^;)
タイムロスだけど、やっぱり引き返して貰って良かった、これで安心して登山開始

最初は鉄のハシゴみたいな、急な階段を上がると、えっ!?こんな道なの?ってくらい急過ぎる山道です
はぁはぁ言いながら、ずっとこんなんやろか?と心配していたら、案内標識が見えました
ここからは、先ほどよりか歩きやすい道でした

また急坂を上がると、あっという間に、一座目の大久保山に着きました
綺麗な苔?を見たりしながら、また急坂を上がると、二座目の八面山に到着~!

ここで隊長が、あそこが三本杭だよ!と教えてくれました…

…あれって…!?

…げっ!?

…無理じゃね?!

(^▽^;)

ま、誰かがもう無理ってなったら引き返したらええって事で、歩き始めました
八面山を下りる坂は、急で怖いです
下りながら、これ帰り登れるんやろか?と不安
でも、急坂を下りたら、超気持ち良い景色が待ってました

尾根をハイキング感覚で、進みます
スキップしたいくらい、この道良い感じです

途中、木の名前当てクイズがあって、それも見ながら楽しく歩きました
(おさるさんの絵の白い所を、めくると正解が書いてあります)

鹿やイノシシの足跡も発見しました

愛南町の篠山と同じく、ここも鹿の害が酷いみたいで、網の柵の工事中ようです
ここまで勿論背負って来たのよね?大変だ
私なんて、ほぼ手ぶらではぁはぁ言ってるのに、ご苦労様です

さぁこの坂を上ると三本杭だよ
大丈夫か?
うん頑張る!

いや~!きつかったです
もう無理って思う頃、笹の道になり、鹿よけ柵のゲートに着きました
ゲートは合計3つ、登山者が開け閉めします

やった~♪
本日三座目の三本杭に到着

ネットによると
三本杭(さんぼんぐい)は、四国山地西部に属する山で、滑床渓谷のすぐ南側に聳え、滑床山(なめとこやま)とも呼ばれる
日本三百名山の一つに数えられる
三本杭の名称は江戸時代に宇和島藩、伊予吉田藩および土佐藩の境界を示す杭が山頂近くに立てられていたことに由来するとされる
三本杭および滑床渓谷周辺は足摺宇和海国立公園の指定地域の一部で、山体は愛媛県-高知県境にまたがるが山頂部は愛媛県宇和島市に属し、山頂には一等三角点「滑床山」が設置され1225.72mとなっている。
山頂からは北側に高月山1,229m、その東側に石鎚連峰、南側には篠山、西側には鬼ヶ城山および宇和海が望まれる
山肌はブナの天然林に覆われ、稜線沿いにはアケボノツツジ、シャクナゲおよびヤマツツジが見られる

山頂で隊長が、私の名前を呼んで早く来て来て!って言うので、何?と思ったら、沢山の雪が残ってました
すっご~い!やっぱり高い山だね
でもこの日は良いお天気なので、暑いくらいでしたよ
鬼ケ城は見晴らしが良くないそうですが三本杭は、ほぼ360度見渡せます

三本杭パノラマ

遅いお弁当を食べてから、皆で写真を撮って下山です

帰りも急坂は大変でしたが、八面山と大久保山は、巻道を通ったので少し楽でした
その代り、道幅がちょっとしかない片側は転げ落ちて行きそうな道なので、緊張しました

結局、終わってみたら普通のタイムで登山出来たみたいです

男性三人に、二人とも偉かったと褒めて貰いました(^▽^;)
頑張ったもんね♪

帰り道、お疲れ様って言う様に、朝見えなかった宇和海が光ってました…

さて、来月はどこ行こ?
20150308登山2

20150308登山3

20150308登山4

20150308登山7

20150308登山10

20150308登山11

20150308登山12

20150308登山14

20150308登山16

20150308登山17

20150308登山18

20150308登山19

20150308登山20

20150308登山21

20150308登山23

20150308登山24

20150308登山25

20150308登山26

20150308登山28

20150308登山30

20150308登山33

20150308登山34

20150308登山35

20150308登山36

20150308登山37

20150308登山40

| 登山部 | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

気持ちいいでしょうね

登山かーー、気持ち良いでしょうね。
自分は足ガクガクになりそうです。
すぐ近くの山なら行けるかも。
やっぱり、お弁当とか持って行くのかな?

| SOUべえ | 2015/03/24 12:16 | URL | ≫ EDIT

SOUべえさん

コメントありがとうございます
頂上に着いた時は、やった〜!って達成感があります
やっぱり景色が良い山の方が、登った感がありますよね
愛南町からは、近くに手頃な山が無いので、アプローチが大変です
お弁当は、もちろん頂上で食べますよ
ただ私のリュックには、寒さ対策の上着と、飴と350のペットボトルくらいしか入ってません
重くなると歩けなくなるので、そぅ〜っと男性三人のリュックに分けて入れときます
一番重いのが、リラクマやないか〜!と怒られます
(*≧艸≦)

| いそべえ | 2015/03/25 14:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/1120-ae08db27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。