いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石鎚山夕焼け2014/10/10

20141110石鎚山ブログ36
台風19号、愛南町は被害もなく通り過ぎて行きました
ご心配頂きありがとうごさいました
途中青空も見えて、どうやら台風の目が通った様です
吹き戻しの風は、まだ時々吹いてますが、明日は台風一過、青空になりそうです

さて…
石鎚山天狗岳の大冒険の続きです

石鎚神社は日本七霊山の一つ霊峰石鎚山を神体山(神しずまります山)とする御社にて、山頂(小屋のある弥山)に頂上社、中腹に成就社と土小屋遥拝殿(登る前にお参りした所)、そしてJRや国道近くの本社と、四社をあわせて石鎚神社というそうです
山頂神社では、5時に夕拝、朝6時に朝拝があり、自由参加との事でしたがせっかくなので、参拝させて頂きました

ホラ貝が吹かれてから儀式が始まります
私達も祝詞?を一緒に、ふりがなを書いた紙を見ながら唱えます
頭を下げてお祓いして頂き、お~~~と三回聞こえて、バタンと扉が閉じられました
もう一度ホラ貝が吹かれて夕拝が終わりました
なんでも朝拝では、三体の御神体にさわらせて頂けるそうです

夕焼けが始まっていたので、写真を撮りかけたのですが、夕食の時間が5時半から6時10分まで
先に食べないと終わってしまうので、慌ててかきこみましたが、そんなに早く食べられないよ
赤くなってきたぞ!と声が聞こえると我慢出来ず、食べかけのまま外へ出ました

出たら神主さんも写真を撮っておられました

ちょっと厚い雲が気になるけど、夕焼けの始まり~!
山々が雲海から顔を覗かせて、綺麗だ~~~!
皆さん感嘆の声をあげてます

知らなかったのですが、夕焼けが見えると天狗岳が焼けて真っ赤に染まるんだそうです
天狗岳の見える場所に移動、いっぱいのカメラマンです
ちょっと色が変わってきて綺麗と話していたら、またガスってきました
あ~!もうちょっと待って!
霧の天狗岳も綺麗だと撮っていたら、誰かが『ブロッケン現象だ!』
えっ!?どこどこ?
ほんとだ、私が映ってます、左手を振ると向かって左側(って事は後ろ向きなんですね)の手が動きます
自分が見えるって、なんだか不思議…

まさかブロッケンが見えるとは…
そのうち天狗岳がまた姿を表しました

夕日も撮りたい、天狗岳も撮りたい、カレーも食べなくちゃ!
すっごい忙しい!
太陽が見えなくなったので終わったと思い
とにかく食べようと食堂に戻りました
カレーは美味しかったのですが、残念味わう時間が無かったです

夕焼けはまだまだ
これから空が真っ赤に染まるよと、誰かが教えてくれました
やっとデザートを食べ終えた頃、窓が赤く染まってきたので、友達にお願い片づけといて!と走って外に出ました
私はそんなに飲めないので、ビールをちょっとだけ飲んで男友達に渡したのですが、気圧の関係でとても良くわまるそうです
ほんのちょっとでも効く~!おまけに走ったからもっとまわる(^▽^;)

なんということでしょう~!
空が真っ赤に、染まっていきます
涙が出そうなほど綺麗で、言葉が出なかったです
だるま夕日見た時と同じ位の感動♪
夢中でシャッターを押しました

この日松山でも、凄い夕焼けでニュースでも映っていたと母が電話で話してました
よく来てるけど、こんな綺麗な夕焼けが見れる日は珍しいでと、カメラマンの方が話してました
本当にラッキーだ♪

ラッキーと言えば、先日何気なく見ていた占い、15日迄のラッキーポイントがなんと石鎚山
やっぱり導かれてたんだね…

次は二日目朝に続きます
20141110石鎚山ブログ
fc2blog_2014101222150487f.jpg

20141110石鎚山ブログ26
20141110石鎚山ブログ27
20141110石鎚山ブログ28
20141110石鎚山ブログ30
20141110石鎚山ブログ31
20141110石鎚山ブログ32
20141110石鎚山ブログ34
20141110石鎚山ブログ35
20141010石鎚山ブログ42
20141110石鎚山ブログ37
20141110石鎚山ブログ38
20141110石鎚山ブログ39
20141110石鎚山ブログ40

| 登山部 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/1062-47acbf65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT