いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

情熱大陸と写真集発売


またテレビ放送のお知らせです

情熱大陸MBS/TBS系全国ネット、3月23日午後11時35分から放送

今度は、私が大ファンの愛媛県の写真家、松本紀生さんが、情熱大陸に出演します
♪───O(≧∇≦)O────♪

毎日新聞より拝借

<情熱大陸>人生をアラスカに捧げた写真家・松本紀生が奇跡の一瞬を追い続ける

松本紀生に密着した情熱大陸の一場面
 ◇MBS/TBS系全国ネット、3月23日午後11時35分から放送

 「一度きりの人生を悔いのないように生きたいだけなんですよ」。そう言い続ける写真家・松本紀生は、アメリカ最北端のアラスカで20年間写真を撮り続けてきた。松本が狙っている写真は北米大陸の最高峰・マッキンリーと、それを覆いつくす赤いオーロラだ。松本が赤いオーロラを撮るためにアラスカに滞在する期間は冬の間のおよそ50日。しかし、学術的にも貴重だと言われる赤いオーロラは滅多に現れてくれない。20年間で松本が遭遇できたのは、たったの2度だけ。しかもそれは松本が望むマッキンリー山を覆いつくすようなものではなかった。

番組は、昨年11月から取材を開始。日本での準備、そしてアラスカで赤いオーロラを追い続ける松本に密着した。

「自分が今、いける限界まで行って、撮りたいものを追いかける。頑張った結果、美しい自然の姿を作品に出来た時、何とも言えない充足感を覚える」と語る松本は、厳冬期のアラスカの空の下、ただひたすらオーロラを撮るためシャッターチャンスを待ち続けている。とにかく、松本は理想的な状況でないとシャッターを切らない。近くの村で滞在しているときに大きなオーロラが出現するも、まったく気にする様子も無く、すぐに寝てしまった。マッキンリー山と一緒のオーロラが、松本のこだわりなのだ。

 1年の約半分を極寒のアラスカの地で過ごす松本が、日本に思いを馳せる瞬間がある。それは日本に残り、彼の帰りを待つ7年前に結婚した最愛の妻への毎日の電話の時間だ。

 20年目のアラスカで、究極の愛妻家が狙う究極の一枚。松本が求めている赤いオーロラは果たして現れるのか?最愛の妻を日本に残し、極寒の地・アラスカに人生をささげる写真家・松本紀生を追う。

<プロフィル>松本紀生(まつもと・のりお) 1972年、愛媛県松山市生まれ。大学時代、星野道夫の著書「アラスカ 光と風」に出会い感銘を受ける。その後大学を中退し、アラスカ大学へ編入。キャンプスキルや写真の技術は独学で習得。今では1年の約半分(夏と冬)をアラスカで過ごしている。夏は北極圏や無人島でクジラや熊の写真を撮り、冬は氷河の上のかまくらで、オーロラが出るのを待ち続けている。国内の媒体のみならず、「National Geographic Adventure」「Climbing」など、海外の著名誌にも作品を発表。42歳。


松本さんは、1年の半分をアラスカで、後半分は日本で、フォトライブ(松本さんが作った言葉です)をして、活動費にしています
やっと体の為を考えて、毎日三食のインスタントラーメンを、お米に変えたそうですが、あれだけの素晴らしい写真なのに、何とか世の中に出てスポンサーが付けば、少しは切り詰めた生活が楽になるのに…と思ってました

やっと待望の写真集が出て、なんと情熱大陸出演!
とっても嬉しいです

写真集『原野行』も、本屋さんで取り寄せました

一枚一枚が夢の様な風景です

うわ~!と思わず声が出たり…

可愛い動物に頬が緩んだり…

どうやって撮ったの?と不思議だったり…

ずっ~と見ていたいと思ったり…

本当に素敵な写真集

前に出版されている、『オーロラの向こうに』と『アラスカ無人島だより』も、本棚じゃなく部屋の飾り戸棚に入れて、見たい時にいつも見れる様にしていますが、またコレクションが増えました
♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

また機会あったら、原野行にサインして貰わなくちゃ

原野行は、クレヴィスから出版です
私は松本さんの、まわし者じゃないけど、癒されたい方は、買って下さい
本当に良いです

中身も紹介したいけど、ダメだから表紙を
裏表紙は、松本さんの好きなザトウクジラの尾っぽです
クジラの泳いだ波だけで、ひっくり返る様な、小さなゴムボートで、たった一人で写真を撮ってるんですよね

夏は無人島、冬は極寒のマッキンリーの麓でオーロラを撮っています
写真家と言っても、セスナが下りるのにタッチアンドゴーを繰り返しては、滑走路を作らなくちゃいけない場所に、一人カマクラを作って、ただひたすらオーロラを待つ
これって、冒険家と言っても良いのではないかと思います

そうそう引き上げる時は、松本さんがペタペタ歩いて滑走路を作るそうです
やっと出来た!と思ったら、一晩で吹雪になり無くなってしまう事もあるそうで…
そうすると、またペタペタ歩くって
(^^;;

時々、松本さんのホームページを覗いてるんですが、去年11月にお隣宿毛市で、フォトライブがあり、宿毛の友達にチケット取って貰って行ってきました


感心するのは、毎回内容がアップして行く事
今回は母も連れて行ったのですが、あまりに感激して、松本さんに良かった!と言う!ときかないので(^^;;
終わってから、少しお話しました

母が興奮するのも無理ないですね
心揺さぶられる時間でした

オーロラは今までの集大成という感じ
圧巻の圧倒で、圧がいっぱい

Yahooニュースで、16日だったかな、アラスカでオーロラ大爆発と言う記事を見ました
3月月末まで向こうにおられるそうだから、オーロラの写真撮れたかなぁ…
アラスカでもマッキンリーは、雲が多く見えない事が多いそうです
どうか晴れて大爆発の写真撮れてます様に…
(^人^)

今までの松本さんの記事です

2008年3月26日 オーロラの向こうに…
2008年10月11日 灯篭祭りとフォトライブ
2010年11月12日 アラスカ無人島だより
2011年5月28日 松本紀生さんのスペシャル番組がありました
2011年9月22日 サインはクジラ



| ときどき日記 | 00:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

情熱大陸みたよ~

初めて プラザで 松本さんに出会って何年?たつかね?

あの時は まだ独身やったよね?

でも あのきゃしゃな体と 少年のような笑顔は 変わらない

写真集取り寄せよう

| ちっち | 2014/03/24 00:21 | URL |

ちっちさん

ほんと最初に見た時と変わらない笑顔よね
どうしてあの体で、カマクラ作りとか、大変な労働が出来るんだろと思ってたけど、やっぱり努力されてるんだね…
テレビ見て納得だった
また、近くでフォトライブあったら見に行こう~!

| いそべえ | 2014/03/27 23:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isobe0183.blog19.fc2.com/tb.php/1005-e2ddf354

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT