いそべ食堂

いらっしゃいませ!チャンポンの美味しい店愛南町のいそべ食堂です  お店の紹介や、お花、ペットの垂れ耳ヨークシャーテリアの未来(みく)の事など、日々感じた事を書いてます

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

干し椎茸求む

いそべ食堂のチャンポンや、中華そばに使う干し椎茸
ほんのお飾り程度なのですが、あるのと無いのとでは味が違います

愛南町一本松地区で、椎茸を加工販売されてる所があり、いつもそこで買っておりました
お安いのは中国産なのですが、食材はなるべく地産地消を心掛けています

ところが、いつも買っていた方が高齢の為、仕事を辞められる事になりました
愛南町か近場で、干し椎茸の生産加工をされている方を、ご存じの方ありましたら教えて頂けませんか?
よろしくお願いします
スポンサーサイト

| ときどき日記 | 21:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月お休み変更

何回も変更して申し訳ありません

17日(金)はお休みします、18日(土)は営業です


19日(日)


26日(日)・27日(月)・30日(木)


よろしくお願いします

| 営業時間・休日 | 22:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石鎚山二日目

20141011石鎚山ブログ1
20141011石鎚山ブログ2
石鎚山のお話三回目です

感動の夕焼けの後、食堂で三人のおじさま方が、カメラを見ながら撮った写真のチェックをしていました
見せて貰って良いですか?と綺麗な写真を見せて貰いながらお話をしました

私のも見せてと言うので、見せるとこれが良いねとか、ホラ貝を吹いている所の写真は、あ~!こんなんも撮ったらええんやなとか言われます
ブログ書いてるから、風景だけじゃないのでと言うと、何々どうしたら見える?
すぐに、いそべ食堂で、あったあったと見ておられました
(^▽^;)
だるま夕日も撮ってるんですよと言うと、もしかしてライバル?

えっ!?何のこと?と思ったら
愛媛新聞に単眼複眼と言う写真の投稿欄があるのですが、三人で誰のが載るか競ってるそうです
そう言えば、最近やたら石鎚山が多いなと思ったら、この三人がバンバン送っているからなんですね
帰った日だったかも、石鎚山の紅葉が載ってましたが、三人の内のどなたかだったのかも…
山登りして健康で、同じ趣味でって楽しそうで良いですね!
なんだか少年みたいな心を持った方達だなと思いました

さて、楽しみにしていた御来光は、残念ながら拝めずでした
男友達が、夜中星が見えるか見てくると、外に出たのですが、見えるけど雲があると言ってたので、期待薄でした
朝拝の時間なので、出てみるといっぱいのカメラマンです
泊まった人だけでなく、暗いうちから朝日を撮る為に登ってくるそうです
雲海見れただけでも良いか~!

朝拝は、またホラ貝の音で始まりました
神主さんの祝詞の後、お~~お~~お~~と声がして、扉が開きました
三回目のお~~の時、なんと表現していいのか分かりませんが、うわっ~と空気が押し寄せる様に、神様が出てこられたのが分かりました
友達二人は分からんかったって事ですが、多分あれは神様だよ…

石鎚神社のホームページによると
御祭神(お祀り申し上げている神様)石鎚ひこのみこと
石土毘古命(いわつちひこのみこと)、また石鎚大神(いしづちおおかみ)とも申し上げ、天照大御神をお産みになった伊邪那岐命・伊邪那美命の第二の御子にあたられますとあります

御祭神は、石鎚毘古命御一神ですが、三体の御神像があって
玉持(たまもち)の御神像
(和魂・にぎみたま)仁の御神徳を表します。家内安全、病気平癒を守護 されます
鏡持(かがみもち)の御神像
(奇魂・くしみたま)智の御神徳を表します。農業、工業、商業、漁業の繁栄、学業の成就を守護されます
剣持(つるぎもち)の御神像
(荒魂・あらみたま)勇の御神徳を表します。勇気、忍耐をすすめ、悪事 を除き、危機を守護
されます

神様って見る事がないですが、全国8万ある神社でもこうして拝めて、直接さわらせて頂けるのはここだけなんだそうです
代表で信徒と言う男性が、玉串をおさめて、お祓いして頂いてから、ひとりづつ三体の神様にお願いしました
風がビュービュー吹いて寒かったけど、これもまた貴重な体験をさせて頂きました

朝拝が済んでから、朝食です
私は朝はパン食なので、朝からご飯はあまり食べれないのよね…
ちょっと散策してから、淹れたてのコーヒーを飲んで、ほっこり
台風も近づいてきているので、早めに下山する事にしました

最後にもう一度だけ、天狗岳をパチリ
また来るからね~!

登りはガスって見えなかった景色が、帰りはバッチリです
登り見えてたら、写真撮るのに忙しくてもっと時間かかったから、見えなくて良かったのかも
高所恐怖症彼女は、ちょっと腰が引けてます( *´艸`)

第二の鎖場の所に、トイレ工事中なのですが、登りは屋根の板を打ち付けていたのに、もうシートが貼られてました
ここにトイレが出来ると、ちょっと安心かな

この重機どうやって運ぶの?と女友達
そりゃヘリコプターでしょ!
一応聞いてみました
やっぱりヘリだそうです
多分ここで組み立てるんだと思うな

下りかけていたら、あ!鎖場登ってるよ!
ほんとだ凄い!
分かりにくいのでアップに

途中大勢の登山客に出会いました
私達は遅いから待つので、よけい時間がかかります
木の名前に詳しい方や、なんで鎖場を上がらないの?って方や、色々な方がいて面白かったです
そうそう4ヵ月の赤ちゃんを、スリングベルトに入れて、赤ちゃんのお姉ちゃんと登ってきた若いお母さんがいました
お父さんは、どこか岩場を登っているとか…
ちょっとお参りに上がろうと思ってって
いやいや、ちょっとって場所じゃないですから~!
凄いお母さんです

ダックスフントのハッピーちゃん、途中まで歩いて上がってきましたが、ここからリュックの中だそうです
いつもここの中なんですよと言うだけあって、慣れているのか良い子で入ってました

登ってくる人の恰好は様々で、重装備の人から、ドライブのついでにって軽い感じの人も…
写真の髭の方は、凄いカメラの機材でかなり重たそうです
少しお話しをしていたら、山頂小屋に飾ってあった写真は、この方が撮ったそうです
山岳写真家、福島勲さんでした
30年も石鎚を撮り続けていて、宇和島出身だそうです
この日、台風が近づいてますけどと言ったら、山でやり過ごそうと思ってって言われてました
なんで山で台風過ごすかなぁ?と思ったら、若い時台風の後の雲海に出会い、石鎚山に魅せられ、それから30年も石鎚山の写真を撮ってるそうです

名刺を渡して、写真集送って頂く事にしました
楽しみです♪

のんびり下山したから、3時間半ほどかかってしまいました
無事下山出来た事を神様にお礼して、土小屋の食堂でお昼ご飯にしました

山菜とかは苦手なので、ニジマスの甘露煮が入ったおうどんと、おでん
甘露煮が美味しかった

今回の為に、登山靴やリュックやファスナーでハーフパンツになる登山用パンツも買いました
一回ではもったいないから、次はどこの山行こ~~?!
20141011石鎚山ブログ3
20141011石鎚山ブログ4
20141110石鎚山ブログ5
20141110石鎚山ブログ6
20141110石鎚山ブログ7
20141110石鎚山ブログ8
20141110石鎚山ブログ9
20141110石鎚山ブログ10
20141110石鎚山ブログ11
20141110石鎚山ブログ12
20141110石鎚山ブログ13
20141110石鎚山ブログ14
20141110石鎚山ブログ15
20141110石鎚山ブログ16
20141110石鎚山ブログ17
20141110石鎚山ブログ18
20141110石鎚山ブログ19
20141110石鎚山ブログ20
20141110石鎚山ブログ21
20141110石鎚山ブログ22
20141110石鎚山ブログ23
20141110石鎚山ブログ24
20141110石鎚山ブログ25


| 登山部 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石鎚山夕焼け2014/10/10

20141110石鎚山ブログ36
台風19号、愛南町は被害もなく通り過ぎて行きました
ご心配頂きありがとうごさいました
途中青空も見えて、どうやら台風の目が通った様です
吹き戻しの風は、まだ時々吹いてますが、明日は台風一過、青空になりそうです

さて…
石鎚山天狗岳の大冒険の続きです

石鎚神社は日本七霊山の一つ霊峰石鎚山を神体山(神しずまります山)とする御社にて、山頂(小屋のある弥山)に頂上社、中腹に成就社と土小屋遥拝殿(登る前にお参りした所)、そしてJRや国道近くの本社と、四社をあわせて石鎚神社というそうです
山頂神社では、5時に夕拝、朝6時に朝拝があり、自由参加との事でしたがせっかくなので、参拝させて頂きました

ホラ貝が吹かれてから儀式が始まります
私達も祝詞?を一緒に、ふりがなを書いた紙を見ながら唱えます
頭を下げてお祓いして頂き、お~~~と三回聞こえて、バタンと扉が閉じられました
もう一度ホラ貝が吹かれて夕拝が終わりました
なんでも朝拝では、三体の御神体にさわらせて頂けるそうです

夕焼けが始まっていたので、写真を撮りかけたのですが、夕食の時間が5時半から6時10分まで
先に食べないと終わってしまうので、慌ててかきこみましたが、そんなに早く食べられないよ
赤くなってきたぞ!と声が聞こえると我慢出来ず、食べかけのまま外へ出ました

出たら神主さんも写真を撮っておられました

ちょっと厚い雲が気になるけど、夕焼けの始まり~!
山々が雲海から顔を覗かせて、綺麗だ~~~!
皆さん感嘆の声をあげてます

知らなかったのですが、夕焼けが見えると天狗岳が焼けて真っ赤に染まるんだそうです
天狗岳の見える場所に移動、いっぱいのカメラマンです
ちょっと色が変わってきて綺麗と話していたら、またガスってきました
あ~!もうちょっと待って!
霧の天狗岳も綺麗だと撮っていたら、誰かが『ブロッケン現象だ!』
えっ!?どこどこ?
ほんとだ、私が映ってます、左手を振ると向かって左側(って事は後ろ向きなんですね)の手が動きます
自分が見えるって、なんだか不思議…

まさかブロッケンが見えるとは…
そのうち天狗岳がまた姿を表しました

夕日も撮りたい、天狗岳も撮りたい、カレーも食べなくちゃ!
すっごい忙しい!
太陽が見えなくなったので終わったと思い
とにかく食べようと食堂に戻りました
カレーは美味しかったのですが、残念味わう時間が無かったです

夕焼けはまだまだ
これから空が真っ赤に染まるよと、誰かが教えてくれました
やっとデザートを食べ終えた頃、窓が赤く染まってきたので、友達にお願い片づけといて!と走って外に出ました
私はそんなに飲めないので、ビールをちょっとだけ飲んで男友達に渡したのですが、気圧の関係でとても良くわまるそうです
ほんのちょっとでも効く~!おまけに走ったからもっとまわる(^▽^;)

なんということでしょう~!
空が真っ赤に、染まっていきます
涙が出そうなほど綺麗で、言葉が出なかったです
だるま夕日見た時と同じ位の感動♪
夢中でシャッターを押しました

この日松山でも、凄い夕焼けでニュースでも映っていたと母が電話で話してました
よく来てるけど、こんな綺麗な夕焼けが見れる日は珍しいでと、カメラマンの方が話してました
本当にラッキーだ♪

ラッキーと言えば、先日何気なく見ていた占い、15日迄のラッキーポイントがなんと石鎚山
やっぱり導かれてたんだね…

次は二日目朝に続きます
20141110石鎚山ブログ
fc2blog_2014101222150487f.jpg

20141110石鎚山ブログ26
20141110石鎚山ブログ27
20141110石鎚山ブログ28
20141110石鎚山ブログ30
20141110石鎚山ブログ31
20141110石鎚山ブログ32
20141110石鎚山ブログ34
20141110石鎚山ブログ35
20141010石鎚山ブログ42
20141110石鎚山ブログ37
20141110石鎚山ブログ38
20141110石鎚山ブログ39
20141110石鎚山ブログ40

| 登山部 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅葉の石鎚山2014/10/10

20141010石鎚山ブログ1
台風19号が近づいてきています
さっきから、二階の部屋が揺れ始めました
どうか何事もなく通り過ぎてくれます様に…

10月5日と6日に行く予定だった石鎚山
ちょうどのタイミングで台風18号がやって来て、延期になりました
次に友達の休みが取れるのが、10月10日・11日
まさかまた台風来ないよね~!って笑ってたら

来たよ19号(-ω-)/

前日は中止しようかと思う程の曇り空で、テンション低っ!
でも当日はすっきり晴れました

5月28日の記事の笠取山や大川嶺に行った時に、車の中から見つけて帰りに写真撮るから寄ってね!と言ってた植木の鳥
帰りは四国カルストへ行ったので結局撮れずじまいでした
今回は『あった!戻って!』と念願の鳥さんが撮れました
頭にはリボンと目も付いてます
下に鶴もあるけど。断然こっちが可愛い♪

四国最高峰、日本百名山で日本七霊山のひとつの石鎚山
滑落事故も多く、超初心者が行くには無理なんじゃないかと思いましたが、男友達が7月に下見に行って来てくれました
愛南町から登山口まで、車で4時間ほどかかるから、私達が行くなら無理せず一泊した方が良いとの事
下山してから温泉も良いかもと思っていたら、頂上に山荘があって泊まれるそうです

えっ!それって夕焼けや御来光が見れるって事だよね
それにしよ~!決定!

20141010石鎚山ブログ
石鎚スカイラインに入ってしばらく走ると、目指す石鎚山が見えてきました
御来光の滝の見える所で、記念撮影
あそこまで上がるんだ…ドキドキ
ちょっと雲かかってるけど、すぐ晴れるよね

土小屋駐車場で空いた所を探していたら、目の前の車が出ました
ラッキー♪
軽く準備運動をして、駐車場横にある石鎚神社土小屋遥拝殿で、三人の無事をお願いしてから、登山開始です

登山道も紅葉が始まっていて、楽しみながら進みます
篠山に比べたら道は、ずっと良いと聞いてましたが、ほんとに整備されていて、びっくりします

途中で歌声が聞こえてきました
なんだか団体さんだよと思ったら、中学生でした
3年生から2年生1年生と通り過ぎるのを待ってました
みんなこんにちわ~!と元気元気
先生に校歌ですか?と聞くと違うそうです、何の歌なんだろうね?
私達も負けずと中学校の校歌歌おうとしたのだけど、歌詞をあまり覚えてない(^▽^;)
高校の校歌は歌えるんだけど…

話しながらゆっくり上がっていると、鎖場に着きました
友達が写真用に、鎖につかまって登るふりをしてます
男友達がザック持ってやるから登ろうだって
絶対無理~!

高所恐怖症の彼女、これ大丈夫だろうか?と思っていたのが、天空の階段
網々になってて、下が透けて見えるし下りる方は何故か崖側に手すりがありません
これが延々と続きます
これどうやって付けたんでしょう?凄いわ

もう最後はへろへろで、足が自分の足じゃないって感じでしたが、休憩入れて3時間弱で頂上に到着~!
着いた~!うれしい~!この達成感がヤミツキになるのかも…


20141010石鎚山ブログ2
20141010石鎚山ブログ3
20141010石鎚山ブログ
20141010石鎚山ブログ
20141010石鎚山ブログ
20141010石鎚山ブログ
20141010石鎚山ブログ9
20141010石鎚山ブログ10

上がりかけてからすぐに、ガスってきて景色が全く見えません
上がっても見えないんじゃない?と友達が言いますが、大丈夫晴れるよ!何の根拠もないけど、夕焼け見える気がする

う~ん、ガス中々の濃さだね
(;´・ω・)
取りあえず山頂小屋に行って、部屋に案内して貰いました
お布団一式はあるものの、男女関係なく、ざこ寝です
説明を聞いてから、荷物を置いて、外に出てみました

ガスが薄くなって天狗岳が見えてきました
綺麗~!

流石晴れ女の威力は凄い!と友達
あはは!良かったね

さて、天狗岳どうする?

石鎚山は、最高峰に位置する天狗岳(てんぐだけ、標高1,982m)・石鎚神社山頂社のある弥山(みせん、標高1,974m)・南尖峰(なんせんぽう、標高1,982m)の一連の総体山を石鎚山と呼ぶのだそうです
やっぱり一番高いとこ行きたいよね

高所恐怖症彼女は絶対無理と言います
私はYouTubeで見た事あるのですが、最初の鎖で下りる所と、最後の大きな岩場が登れるか…?
行けそうになかったら戻ってこようと、男友達と二人で、とりあえず行って見る事にしました

最初から難関(-_-;)
鎖を絶対離すなよ、左手はここ!足と両手三点ホールドしたら、体下げて片手ここって感じで、かみ砕く様に教えて貰いながら、何とか下りました
下りてから…これって上がれるのか?
ま、それはその時考えよう

両方断崖の切り立った尾根を、足元に気を付けて進みます
残った女友達が、写真や動画をスマホで撮ってくれてました
その時は夢中で怖いのは怖かったけど
後で見て、今更ながら、こわっ!

最後の岩場は、尾根を行くと一番早道ですが、足を滑らせるとお陀仏です
とてもじゃないけど腰がぬけて行けないと思うので、巻道を行きます
ここで待っててと、私が行けそうな道を探してくれて、進むので時間がかかりましたが何とか最後の岩場まで着きました
この上が頂上だよ!

て…
これ、どうやって上がるん?
無理じゃない???
でも、ここまで来たら行くしかないよね
後ろでベルトを持って貰って、何とかよじ登りました

着いた~!
綺麗~!
怖い~!
嬉しい~!が一緒になって、感激♪

でも360度ぐるっと崖なので、しばらく社?灯籠?の様な石で出来た置物にしがみついてました
ちょっと慣れて、二人で記念撮影したり、まわりの写真を撮ってから、女友達の待ってる山頂小屋のある弥山に戻る事にしました
登るのも大変だったけど、下りるのも大変!
なんとか鎖のある崖まで戻ってきました

う~ん問題の崖です
先に男友達が上がって引っ張ってくれてたのだけど、足をかける所がなく滑ります
足の疲れもピークでヨロヨロ
結局、下から押すと下側に戻ってくれました
見かねたのか、一人で天狗岳に行った友達を待っていた、おじさんが引っ張ってあげると手伝ってくれました

二人のお世話になり上がれました(^▽^;)
男友達がいなかったら、天狗岳に行ってみようとは思わなかったし、運動音痴の私が良く行けたなあと思います
でも、あの絶景は一生忘れないと思います

本当にありがとう!
そして寒い中、心配しながら弥山で待っててくれた女友達も、ありがとう!

次はまたまた感動の夕焼けに続く…
20141010石鎚山ブログ11
20141010石鎚山ブログ12
20141010石鎚山ブログ13
fc2blog_201410122217127d4.jpg
fc2blog_20141012221812547.jpg
fc2blog_2014101222220408e.jpg

fc2blog_20141012221621134.jpg
20141010石鎚山ブログ14
20141010石鎚山ブログ15
20141010石鎚山ブログ16
20141010石鎚山ブログ17
20141010石鎚山ブログ20
20141010石鎚山ブログ22
20141010石鎚山ブログ21
20141010石鎚山ブログ23
20141010石鎚山ブログ24
20141010石鎚山ブログ25

| 登山部 | 11:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャズin四国(愛南)前夜祭


5日の土曜日、友達から明日のジャズコンサートの前夜祭があるから行こうよとLINEが入りました
急遽だったので、慌ててお店の掃除や片付けをしてから、着替えて友達の車に乗りました
喋りながら、途中で何か食べる物買って行こうと言ってたのに、何軒もコンビニを通り過ぎ…
あ!買わんかったね(^^;;
ま、お茶だけ買おうかと自販機で

会場は菊川の元小学校体育館
椅子が並べてあり、真ん中の後ろに座る事が出来ました
びっくりしたのは、無料のお弁当と飲み物が用意してあった事
200食を菊川地区の女性の方々が作られたそうです
心のこもった、おもてなしに嬉しくなりました
この日は、宇和島市と宿毛市と三ヶ所で前夜祭があったみたいです
駐車場の案内もライオンズの会員の方々が誘導されてました
菊川地区の皆さん、ライオンズの皆さん、本当にありがとうございました

さて、ジャズですが…
昨年亡くなられた愛南町出身のジャズベーシスト岡田勉さんがホスト役をつとめるジャズフェス「Jazz in 南レク」が、1986年から毎年8月に開催されていました
私も行ってみたいなと思いながら、行った事がないまま残念ながら、2006年第20回を最後に終わってしまってました

故岡田勉さんの意志をついで、8年ぶりに「Jazz in 四国(愛南町)」と名前も変わり、開催される事になったそうです

なんと有名な日野皓正クインテットもゲストでいらっしゃったんですよ

聴いてみたいなとは思ったのですが、その日用事があり(結局用事は無くなったのですが、代わりに台風が…)
当日は台風で会場を野外から、文化センターに変更して立ち見もあるほどの盛況だったそうです

で、前夜祭の愛南会場では、伊賀上ひろしトリオの演奏、末元紀子さん丸岡紀里江さんの歌、ピアノソロのケイ赤城さんの見事な演奏がありました
私はジャズはあまり良く知らないのですが、前のご婦人二人は、曲目や作曲家の名前が出る度に、わぁ~!とか凄い~!うれしいとか言われてたから、きっと凄いんでしょう
私はピアノの指使いがマジシャンみたいだなぁと思いながら観てました
(^▽^;)
愛南のジャズの歴史があるからか、年配の方が熱く聴き入っておられた様に思います
また来年も続くと良いですね…

ケイ赤城さんのプロフィール
★ケイ 赤城(Kei Akagi)★
1953年 仙台生まれ。
4歳から12歳まで家族と共に、オハイオ州クリープランドで過ごす。
5歳からピアノを習い、音楽学校(The Cleveland Music Settlent)でピアノ理論、音楽史を学ぶ。
帰国後、青森県下の高校在学中にジャズ音楽に接し、国際基督教大学(ICU)では哲学と作曲学を学ぶ。
25歳の時、プロ・ミュージシャンとして歩み始める。翌年1979年、アイアート・モレイラ&フローラ・プリムグループのピアニストになり、7年間在籍し、その後アル・ディメオラのグループなどを経て、1989年から1991年までマイルス・ディビスグループのメンバーとして活躍する。その後スタンリー・タレンタインのバンドに参加、10年在籍する。
1998年からは、日本人ミュージシャンとのグループを結成して、毎年国内ツアーを行っている






| ときどき日記 | 00:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。